So-net無料ブログ作成
前の15件 | -

あなたのとりこ 365 [あなたのとりこ 13 創作]

「まあ、行われた事は問題が無いとしても、支払われた退職金の額が妥当であるのかどうかは、一応確かめてみる必要はあるかも知れませんけど」
 頑治さんは、四人の鋭角な視線に怖じたからと云う訳ではないのでありましたが、そんな風な、多少四人の剣幕に阿るような事を口にするのでありました。
「それはそうだな。退職金が土師尾常務と片久那制作部長の云いなりに、或いは社長の恣意に任せて支払われているのなら、これは問題だ」
 均目さんが頑治さんの言に早速乗るのでありました。「ウチの退職金の規定はどうなっているんだろう。退職金に関してはこれ迄何も話し合ってはいなかったからなあ」
 均目さんは云い終ると甲斐計子女史を見るのでありました。
「あたしは何も知らないわよ、そんな退職金規定の事なんか」
 酒を飲めないから一人だけグレープフルーツジュースを飲んでいた甲斐計子女史が、そのグラスをテーブルに置いて手を横に何度も振って見せるのでありました。
「就業規則には退職金の規定が確かに記述してあったと思うけど、退職者には退職金を支払う、とだけ書いてあって、額の算定に付いては何も書いてなかったかなあ、確か」
 均目さんが宙に目を遣って、何かを思い出すような風をするのでありました。
「山尾さんが辞めた時、退職金は出たんでしょう?」
 那間裕子女史は均目さんの方を見ながら訊くのでありました。
「多分出たんじゃないかな。本人に確かめた訳じゃないけど」
 均目さんも確証は無いようでありました。
「出たわよ、ちゃんと」
 甲斐計子女史が言葉を挟むのでありました。「額はちょっと忘れたけど、一応土師尾さんからメモを渡されて振り込んだわよ。でも、全然高額ではなかったと思うけど」
「額は後で、何かで確かめられるでしょう?」
「勿論、その時のメモも取って置いてあるから、それは確かめられるけど」
 那間裕子女史の質問に対して甲斐計子女史は一つ二つ頷いてから、先程机上に一端置いたグレープフルーツジュースのグラスをまた手にするのでありました。
「ところで月曜日に予定されている会議の席で、土師尾常務と片久那制作部長に支払われた退職金について、こちらの方から話しを切出すのかな?」
 均目さんが話頭を元の方向に戻すのでありました。「退職金の話しをし出すと、あの二人は何が問題だと開き直るだろうし、こちらはこちらで不当だと云う思いがあるし、本来予定していた会社の将来の見取り図とかの話しなんか脇に追いやられて、支払われた退職金の事一辺倒になって仕舞うんじゃないかなあ。それに多分大いに紛糾するだろうし」
「それは確かに。土師尾さんなんかは何を云い出すんだとすぐに感情的になって怒り出すじゃないかしら。まあ、あの人のそう云う態度には慣れっこになっているけどけど」
 那間裕子女史がビールのジョッキを空けてから云うのでありました。
「片久那制作部長も、その話しになったら面白くはないだろうなあ」
 袁満さんが身震いをして見せるのは、彼の人の顔を思い浮かべた故でありましょう。
(続)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 364 [あなたのとりこ 13 創作]

 袁満さんの発声に皆はジョッキを少し持ち上げて和するのでありました。考えてみればこんな場面で屡、律義に乾杯をするのは全く以って無意味な慣習であるなあと頑治さんはふと思うのでありましたが、まあ、それは取り敢えずさて置くのでありました。
「あたしが頭にきたのは、今袁満君が云った事に尽きるのよ」
 那間裕子女史がジョッキを顔の前から下げて、口角に付着していたビールの泡を吹き飛ばしながら云うのでありました。「結局、あの二人を優遇するために、あたし達の賃金や一時金は抑えるだけ抑えようって云う魂胆でしょう。ふざけているわよ」
「あの土師尾常務と片久那制作部長の二人だけが会社に必要な人間で、俺達は居ても居なくてもどうでも良い存在だと云う訳だよなあ。だから待遇面だけじゃなくて、今度の妙な人事異動なんかを敢行して、俺達を酷く扱うんだ。一応組合が出来たんで体裁上はそれなりの回答をしたけど、あの二人の優遇に比べれば馬鹿にされているようなものだ」
 袁満さんも憤慨の声音で那間裕子女史に大いに和すのでありました。
「あの二人に退職金をそれだけ出す事が出来るのなら、俺達ももっと賃金も一時金も高額な要求をすれば良かったっスよねえ。業績不振は出鱈目っスかねえ」
「全くの出鱈目でもないだろうけど、悪乗りして大袈裟に云い募ったと云う事だろうな。俺達の暮れの一時金をケチってやろうと、初めの内は秘かにそれだけ目論んで」
「悪辣非道というものだよなあ、その遣り口は」
「その上に組合結成に付け込んで、自分達の待遇をもっと上げようとした土師尾常務と片久那制作部長の企みは、その悪逆非道な遣り口の更に上の醜さと云うものだ」
 袁満さんは口の中に充満していたそんな憤懣を吐き捨てて、その分の空いたスペースにビールをグイと流し込むのでありました。
「でも、役員になった時にそれまでの退職金が支払われると云う慣習は、そんなに突飛でも酷くもない、世間では良く行われる一種のルールですよ」
 頑治さんが皆の憤懣で盛り上がった気分に水を差すのでありました。
「そうなのかい?」
 袁満さんが目を剥いて頑治さんを睨むのでありました。
「俺もこの前、昼飯を一緒に食った時にそんな事を唐目君に云われて、ちょっと調べてみたんだけど、確かにそう云う事例は、ごく一般的に行われているみたいだよ。俺は今迄そんな事に縁も所縁も無かったから、ちいとも知らなかったけど」
 均目さんが静かに云って袁満さんの顔にクールな視線を向けるのでありました。「役員になるんだから当然その時点で従業員と云う立場から離れる訳で、それは要するに退職扱いとされる事だから、退職金が発生するのは全く不自然じゃない」
「そんなものなのかねえ」
 袁満さんはあくまで懐疑的な風情を崩さず、そんな事は全く気に入らないし受け入れ難いと云った顔付きでありました。出雲さんも甲斐計子女史も、それから那間裕子女史も、屹度袁満さんと同じ気分なのでありましょう。四人は頑治さんと均目さんを、重い沈黙と共に、土壇場での裏切り者を見るような目容で横目に窺っているのでありました。
(続)
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 363 [あなたのとりこ 13 創作]

「唐目君は向うの味方なの?」
「いや、別にそう云う訳ではありません。俺は何時でも正義の味方ですから」
 頑治さんはそんな通則的な軽口をうっかりものしたものの、これは見るも無残に適宜性の著しく低い冗談と云うものであって、云うべき時でない時に云って当然に滑った全く以って間抜けな言葉であると、云った傍から内心大いに悔やむのでありました。
「まあ、繰り返すけど、今度の会議の席上で、あの二人に退職金が出た話しを持ち出すかどうかは、未だ判らないと云う事だけどね」
 均目さんはその点を頑治さんに念押しするのでありました。
「会議の席で、文句を云うかどうかも含めて、組合員全員で話し合うと云う事よ」
 那間裕子女史もそう云うのでありますが、女史の顔は退職金の話しを一等最初に会議に持ち出す気満々、と云った風情に見えるのでありました。

 全体会議は週明けの月曜日に開催すると土師尾営業部長から提案されたので、組合員の事前打ち合わせ会議は当該週の金曜日の終業後に持たれるのでありました。これもそんなに格式張らない会議なので、神保町駅近くの居酒屋で開催されるのでありました、
「それは酷いよなあ」
 席に着いてビールで乾杯もしない前に、那間裕子女史から件の土師尾常務と片久那制作部長に退職金が支払われたと云う話しが先ず以って公表されるのでありましたが、袁満さんはそれを聞いて反射的に顔を顰めるのでありました。
「幾ら出たんスかねえ?」
 出雲さんが那間裕子女史の方に顔を向けて訊くのでありましたが、具体的な金額は甲斐計子女史が代わりに応えるのでありました。
「土師尾さんに七百万で片久那さんが六百五十万よ」
 甲斐計子女史は鼻に皺を寄せながらそう云うのでありました。
「ほう、それは大した額っスねえ!」
 出雲さんは頓狂な声で驚くのでありましたが、二人の退職金としてその金額が高額なのか妥当な線なのか、それとも低いと云う判断も成り立つものなのか、頑治さんには俄には判らないのでありました。まあ、羨ましい金額、ではあますけれど。
「経営不振で金が無いと嘆いていながら、そう云う金はちゃんとあるんだなあ」
「あたし達には随分ケチだけどね」
 甲斐計子女史が憤慨に耐えないと云う云い草をするのでありました。
「今年の賃上げと夏の一時金に関しては、組合結成もあって会社としては結構頑張って出したもんだと思ったけど、その評価はこれで一気に色褪せたなあ」
 袁満さんは丁度席に運ばれてきたビールの中ジョッキを、退職金の話しで喉が急に渇いたためか、乾杯もしないで早速一口煽るのでありました。しかし未だ乾杯をしていない事に気付いて、二口目は控えて皆にビールジョッキが行き渡るのを待つのでありました。
「それじゃあ、取り敢えず、乾杯」
(続)
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 362 [あなたのとりこ 13 創作]

「この件は一応組合員で話し合う方が良いのかしら?」
 那間裕子女史が均目さんと頑治さんの二人を交互に見るのでありました。
「その方が良いんじゃないかな。遣り口が如何にも不愉快だし」
 頑治さんがそれはどうだろうかと疑義を挟むより先に、均目さんが使っていた箸を取り皿の上に揃えて置きながら頷くのでありました。「まあ、組合として話し合って、その結果あの二人や社長に何か文句を云うかどうかは、今のところ別にして」
「一応組合員全員で、あの二人に退職金が支払われた、と云う事実を共有しておく方が良いと云う事ね。あたしも確かにその方が良いと思うわ」
 那間裕子女史はそう云った後頑治さんの方に顔を向けて、頑治さんの考えを質すように首をほんの少し傾げて見せるのでありました。
「全員で共有するのは別に反対ではないですが、抑々組合が口出し出来る事柄なのかどうかの点は、俺としたら少し疑問がありますけど」
「でも、その疑問は組合の中の話し合いで表明して貰えば良い訳で、取り敢えず組合で話し合う事自体には反対じゃないのよね、唐目君も」
「まあ、それはそうですけれど」
 頑治さんは曖昧に首を縦に微動させるのでありました。「でもそれは当然、会社の在り方と云うのか、将来の見取り図をあれやこれやと社長や土師尾常務、それに片久那制作部長に訊き質す全体会議の前に、組合員全員に告げておく訳ですよねえ?」
「まあ、そうでしょうね」
 那間裕子女史が力強く首肯するのでありました。
「そうすると将来の会社の在り方の話しよりも、当面の、二人の退職金の話しの方に組合員の関心は引っ張られて仕舞うんじゃないですかね。すると結局、全体会議は云ってみれば、土師尾常務と片久那制作部長の糾弾会議みたいになって仕舞うんじゃないかな」
「まあ、会議の席で文句を云うかどうかはあくまで別だけど、そうなるかも知れない」
 均目さんが眉根を寄せて頷くのでありました。「若し俺達がその事に関して何か云い出せば、会議は双方が一気に殺気立った感じになるんだろうなあ、屹度」
「将来の事を話し合うと云う当初の題目は何処かにすっ飛んで仕舞って、険悪な対立激化の場になる事が予出来るけど、それでも良いのかなあ」
 頑治さんは顎に指を当てて首を傾げて気後れを表するのでありました。
「そうなったらそうなったで仕方が無いんじゃないの」
 那間裕子女史はもう既に土師尾常務と片久那制作部長に対する敵意を満面に湛えて、突き放すような云い草をするのでありました。「狡賢く、しかもこそこそと、自分達の余禄を手に入れよとしたんだから、あたし達に詰られても自業自得よ」
「こそこそと、と云うのは俺達に対して断わりも無しにと云う事であって、向こうにすれば、敢えて断る必要のない事を断らないでおいただけと云う理屈もあるだろうし、退職金支給が至極当然であると云う判断からすれば、俺達に謂れの無い文句を付けられていると感じるかもしれないし、これはなかなか陰鬱な会議になりそうな気がするなあ」
(続)
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 361 [あなたのとりこ 13 創作]

「ざらに聞きますよ。その退職金で会社の株を半ば強制的に購入させられる、とか云う話しなんかも良く耳にします。だから一概に虫の良い話しとは云えないでしょう」
 頑治さんは那間裕子女史の剣幕に油を注ぐ愚を犯さないように、大いに内心配慮した物腰でそんな言葉を返すのでありました。この点に関して、那間裕子女史も均目さんも知見が無いようでありました。頑治さんは大学生時代からすっとやっていた色々なアルバイト先でそう云う事例が時にあったものだから、偶々知識が有ったと云う事であります。考えてみれば、そんな事例は普通の会社員にとっては全くの無関心事でありますかな。
「あの人達も退職金で会社の株を買わされるのかしら?」
「さあ、ウチの会社の場合に関しては、俺には判りませんけどね」
「ウチは一応株式会社だけど、別に株を公開している訳じゃなくて、社長やその親族辺りが分け持っているんだろう、多分」
 均目さんが考えを回らすような顔をするのでありました。
「まあウチぐらいの規模なら、大概の場合はそうだろうなあ」
 頑治さんは箸で摘んだ八宝菜の海老を口の中に放り込むのでありました。
「親族の誰かの分をあの二人に回すのかな」
「そうかも知れないけど、恐らく社長が他の誰よりも圧倒的に多く保有しているんだろうから、その中から幾らか回すんじゃないのかな。・・・」
 頑治さんはそこで口を閉じて少しの間を取るのでありました。「でもまあ、退職金で株を買わされるかどうかはあくまでも俺の推量であって、そうならない場合もあるだろうな。その儘有難く貰っておいてそれでお仕舞い、と云う可能性だってあるだろうけどね」
「そう云うところにあたしは全く疎いから、具体的にどうするのかは判らないしあんまり興味も無いけど、でも要するに、組合結成のゴタゴタにちゃっかり便乗して、自分が肥え太ろうとする魂胆自体があたしは気に入らないと云うのよ」
 那間裕子女史はそう云ってから春巻きを箸で摘み上げるのでありました。
「遣り口がこすっからいと云う感じはするな、俺も」
 均目さんも春巻きを摘み上げて自分の取り皿に移すのでありました。
 那間裕子女史も均目さんも、今次の組合結成騒ぎに巧妙に乗じて、土師尾営業部長と片久那精査宇部長が社長を良いように脅したり賺したりしながら丸め込んで、ちゃっかり自分達の余禄迄も確保した、と云う印象を先ずは持ったのでありましょう。これは多分甲斐計子女史も同じような印象を持ったのだろうし、それだからこそ頑治さんにこんな出金指示書が回って来たと告げ口して、大袈裟にして貰おうと目論んだのでありましょう。
 確かに土師尾常務と片久那制作部長の、抜け目が無く狡賢い遣り口の匂いを心情的に許し難いと怒る気持ちは判るとしても、それが不当な行為だと非難するのは少し無理じゃないかと、頑治さんは那間裕子女史や均目さん、それに甲斐計子女史とは異なる見解を有するのではありますが、それをここで云い出すと話しが長くなりそうなので、喉の奥に言葉を忍ばせて外に出さないのでありました。序に万全を期してその言葉が外に漏れ出さないように、蟹玉を多めに取り皿から摘んで蓋代わり口の中に押し込めるのでありました。
(続)
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 360 [あなたのとりこ 12 創作]

 頑治さんはその場に居なかったからこの袁満さんと土師尾常務の遣り取りの光景は、後に自席でそれとなく様子を窺っていた甲斐計子女史から聞いたのでありました。その折にもう一つ、少々気になると云えば気になる情報が甲斐計子女史から齎されるのでありました。それは、新たに役員になった土師尾常務と片久那取締役制作部長の二人には、従業員時代の退職金が、けじめ、として支払われるようだと云うものでありました。
 まあ確かに役員になったのだからその時点で一応は退職扱いになるので、退職金の支払いは当然であり何も問題が無いと頑治さんは思うのでありました。しかしそれを頑治さんに告げる甲斐計子女史の口調が如何にも憤怒に満ちているような具合で、頑治さんとしてはその甲斐計子女史の云い様がちょいと気になったと云う事でありました。
 要するに甲斐計子女史としては、これは全く承服ならない事態だから、組合として大いに問題視すべきだと云う考えなのでありましょう。で、先ずは頑治さんに訴えて、組合員への周知の役を担えと暗黙に指嗾していると云う事でありましょうか。
 問題があると思うのなら、自分で提起すれば良いではないかと頑治さんは思うのでありましたが、甲斐計子女史はその役は組合の新参者には烏滸がましいと考えるのか、或いは単に面倒なのか、人に押し付ける心算のようであります。まあ、若し自ら問題提起して事が大袈裟ないざこざに発展したら困ると云う気後れもあるのでありましょう。だからと云ってその役を頑治さんに割り振られても、頑治さんもげんなりと云うものであります。
 確かに感情に於いて腹立たしい面もありはしますが、それでもこれは労働組合として問題にすべき事なのかどうか躊躇う気持ちがあるものだから、頑治さんは偶々その日の昼休みに昼食を共にした均目さんと那間裕子女史に、それとなく話しを振り向けてみるのでありました。気持ちの上では何となく釈然としないところはあるかも知れないけれど、組合として問題視するべき事柄ではなかろうなあ、と云う二人の応答を期待しながら。
 しかし均目さんも那間裕子女史も頑治さんの予想に反して、この話しを聞いた当座、大いに憤慨するのでありました。因みに、三人が昼食を摂りに入ったのは、錦華公園近くの時々一緒に行く日貿ビルの地下にある四川料理が謳いの中華料理屋でありました。
「それは許せないわね!」
 那間裕子女史は蟹玉を摘んだ箸の動きを止めて眉根を寄せるのでありました。「それじゃああの二人、すっかり遣りたい放題って感じじゃない」
「偶々組合が出来た事を逆手に取って、行きがかり上役員になった自分達の退職金迄もせしめようとするのは、幾ら何でも了見が業突く張り過ぎると云うものじゃないかな」
 均目さんも憤懣口調になるのでありました。
「でも役員になったら、その時点で一応退職扱いとなる訳だから、会社が退職金を出すのは当然問題無い筈だよ。そう云うのは世間ではざらにある事例だし」
 頑治さんが意外な二人の剣幕に少したじろぎながら云うのでありました。
「そんな虫の好い話しが、世間ではざらにある事なの?」
 那間裕子女史が憤懣遣る方ない顔で頑治さんを見るのでありました。そんな顔を向けられても、頑治さんはどういう顔を以って対すれば良いのか戸惑うのでありました。
(続)
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 359 [あなたのとりこ 12 創作]

「まあ確かに、今唐目君が云った通りかなあ」
 袁満さんが頑治さんから目線を外して頷くのでありました。
「じゃあ、社内全体会議を提案するとして、それは組合として提案するのかしら?」
 那間裕子女史が頑治さんの顔を見つめながら訊くのでありました。
「まあ、組合の存在を後ろに匂わせて提起する方が、向こうに対して滅多な対応は出来ないぞと云う、多少の威迫感は伝えられますかね」
 行きがかりから頑治さんが那間裕子女史に向かって応えるのでありました。
「それはそうかな。じゃあ、何時その提案をするかな」
 袁満さんが天井に視線を投げて考える風の表情をするのでありました。「会議開催に向けての、こちらの用意もあるからなあ」
「いや、そこで議論すると云うのではなく、向こうが描いている将来の会社の見取り図を聞き質す会議なんだから、こちらの用意は取り敢えず要らないんじゃないですかね。まあ一般論として、どんな話しが出て来ても冷静を保つ気持ちの準備は必要だけれども」
 均目さんが袁満さんの、何に依らず何事かを起こそうとする時に決まって見せる、用意周到名目の緩慢、或いは保留に少しの苛々を目線に滲ませて云うのでありました。
「全体会議開催の提案は、明日にでも申し入れて良いんじゃないの」
 甲斐計子女史も袁満さんの余計な慎重さに不満の声音で云うのでありました。
「そうね、あたしも明日と云うのに賛成だわ。何事も早い方が良いもの」
 那間裕子女史が同調するのでありましたが、この女性二人の積極性は袁満さんにプレッシャーを与えたようで、袁満さんは自分の及び腰を恥じるように二人を上目遣いにチラと見た後、目が合う前に慌てて視線を外して云い添えるのでありました。
「じゃあ、明日の朝にでも俺から土師尾常務に云うよ。まあ、明日の朝、土師尾常務が直行名目で会社に来なければ、それは無理だけどね」
「朝が無理でも、会社に現れた時に提案すれば良いじゃないの」
 那間裕子女史が窘めるような口調で云うのでありました。袁満さんとしては土師尾常務が朝会社に来なければ云々、と云う文言は、彼の人への一種の揶揄として口から滑り出た言葉のようであります。しかし那間裕子女史にその軽口を冗談と受け取られないで、寧ろ不謹慎として窘められたこの構図は些か不本意と云うのも疎か、でありましょうか。

 次の日の、朝は予想通り土師尾常務は得意先直行の電話を寄越したものだから、午後一番に袁満さんは全体会議の招集を彼の人に提案したのでありまいた。土師尾営業部長はその提案を聞いた時に、先ずはどう云う差し出がましさで社員の方から会議少数提案をするのかと云いたいように、不愉快そうに眉根を寄せたのでありました。
 しかし案外あっさりと提案を呑むのでありました。その折、自分の方からもこの辺りのタイミングで社員に云って置きたい事があるから、と云う挑戦的なもの云いも添えられるのでありまいた。袁満さんは何時も通りの、すぐに喧嘩腰になる口調にうんざりしながらも、取り敢えず開催に同意を得た点に内心ほっとするのでありました。
(続)
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 358 [あなたのとりこ 12 創作]

 那間裕子女史が甲斐計子女史を見ながら一度頷いて見せるのでありました。
「若しそれが本当だったら、酷いわね」
 甲斐計子女史は眉を顰めて頑治さんの顔を上目に見るのでありました。それは別に、頑治さん当人に対して険しい感情を向けた訳でないのは、頑治さんとしてもちゃんと判るのでありましたが、しかしそれでも頑治さんは少し怯むのでありました。
「つまり土師尾さんとしては出雲君と日比さんを馘首して、自分と山尾さんの二人でウチの社の営業を回して行って、ひょっとしたら近い将来には袁満君の出張営業も廃止する心算だった訳よ。これが恐らくリアルな、会社の斜陽を挽回する土師尾さんの策ね」
 那間裕子女史が概括するのでありました。
「と云う事は俺もその内馘首になる訳か」
 袁満さんが自分を指差しながらやや声を上擦らせるのでありました。
「そんな事をして、会社はやっていけるのかしら」
 甲斐計子女史が陰鬱気な表情をして首を傾げるのでありました。
「土師尾常務はやっていけると思っているんだろうなあ」
 均目さんが不愉快そうな口調で諾うのでありました。「結局のところ、当座の自分の取り分が確保出来れば、あの人はそれだけで満足と云う肚なんだろうし」
「要するに、今後ウチは特注営業だけで食っていくと云う事か」
 袁満さんが土師尾常務に対するあからさまな敵意を語調に載せるのでありました。
「営業の土師尾常務と製作の片久那制作部長と、それに会計の甲斐さんが居ればそれで充分で、後のヤツ等はお払い箱、と云う事っスかね。随分見縊られたもんっスね」
 出雲さんも眉根を寄せるのでありました。
「あたしは必要とは思われていないんじゃないの。あたしが組合に入る事になった経緯を考えてみると、あたしだって馘首にしても構わないと思われているに違いないわ」
 まあ確かに、甲斐計子女史も先にあったいざこざを勘案すると、社長や土師尾常務には重要存在とは認識されてはいないのでありましょう。
「ところで、今のこの話しは俺の憶測から出たもので、あくまでも何か確証があって云っているんじゃないですよ、念のため云っておくけど」
 ここで頑治さんが言葉を挟むのでありました。
「でも、唐目君の推察に俺はリアリティー-を感じるよ」
 均目さんが云うのでありました。
「あたしも始めてそう云う観測を聞いた時に、成程と思ったわ」
 那間裕子女史も均目さんに同調するのでありました。
「でも推察である以上、この読みが正しいかどうかは全く不明ですよ。曖昧な憶測で、あれこれ話しを進めてもあんまり意味は無いでしょう。ただそんな疑いが持てると云う事だから、先ずは社長とか土師尾常務なり、或いは片久那制作部長も含めて、今後の展望とか会社の在り方を一体どのように考えているのか、社内全体会議か何かの開催を提起して、率直に聞いてみる必要があるんじゃないですかね。様々な話しはその後、ですよ」
(続)
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 357 [あなたのとりこ 12 創作]

 袁満さんも何故自分ではなくて出雲さんがそちらに回されたのかは、実は明快には判らないようでありました。まあ、何事にも保守的で進取の気象と云う点では今一つもの足りない性向の袁満さんとしては、急に全く新しい仕事を押し付けられるのは御免蒙りたいでありましょうから、自分じゃない事に内心胸を撫で下ろしたでありましょうし。
「今度の出雲君が就く事になった仕事と云うのは、土師尾さんが前からずっと胸の中で温めていた営業形態だったのかしらね?」
「いやあそうじゃなくて、出雲君を今までの出張営業から切り離すために、急場凌ぎに思い付いたんだろうなあ。元々、そんな創意工夫なんか端から期待出来ない人だしね」
「要するに出張営業の縮小が狙いで、そのための方便みたいに思い付いたって事ね?」
「まあ、そんなところだろう」
 袁満さんは何度か頷いて見せるのでありました。「正月の会議の時は山尾主任も会社にまだ居たから、その山尾主任の営業部への移動を第一番目に勘案して、まあ、事の序に出雲君にも適当に考えた新規の仕事を宛がったんじゃないのかな」
 大体に於いて袁満さんは土師尾常務の管理者としての力量を全く信用していないのでありましたから、この云い草は侮りをたっぷり含んだものでありましたか。
「それに山尾さん絡みで云えば、山尾さんを特注営業にコンバートして、それ迄そっちを土師尾さんと一緒に担当していた日比さんも、新しい仕事の方に回される筈だったわ」
 那間裕子女史が言葉を挟むのでありました。
「そうよね、お正月の会議ではそんなような話しになっていたわよね」
 甲斐計子女史が頷くのでありました。
「土師尾常務の魂胆としては多分、出張営業奈の縮小と、その後には結局廃止と云う線も頭の中にあったんだろうな。それから出雲君と日比課長の切り捨てと云う目論見も見え隠れするかな。尤も、この切り捨ての件は唐目君が最初に云い出した事だけどね」
 均目さんがそう云うと皆の視線が頑治さんの方に集まるのでありました。
 確かに頑治さんが少し前に那間裕子女史と均目さんとの酒席の折だったかに口にしたことに違いないのでありました。土師尾常務と、或いはひょっとしたら片久那制作部長も含めた二人の狙いなんというものは、単に山尾主任を営業部へ配属替えすると云う人事異動ではなく、実はその裏に日比課長と出雲さんと云う二人の営業二番手を切り捨てる魂胆が潜んでいるのではないかと、その少々凝った詮索を披露したのでありましたか。
 しかしそれは那間裕子女史と均目さんの二人限定で、云ってみればこっそりと披露した見立てであって、ここで均目さんに皆の前で披露されるのは些か不本意な気がするのでありました。何やら頑治さんが内心、今次の事態を面白がっていて、人の悪い好い加減な観測を弄んでいるように受け取られる場合があるやも知れません故に。まあ、この頑治さんの小心さ加減が、頑治さんの取り越し苦労なら良いのでありますが。
「出雲君と日比さんの切り捨てって云うのは、つまり馘首にするって事?」
 甲斐計子女史が少し声のトーンを高くするのでありました。
「そうね。最終的には解雇を狙っていると云う事になるでしょうね」
(続)
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 356 [あなたのとりこ 12 創作]

 袁満さんが時間と実働の兼ね合いをざっと勘案するのでありました。
「そう聞くと、全く非効率と云う感じだなあ」
 均目さんが呆れたようなもの云いをするのでありました。
「車が使えたなら、もう少し時間が有効に使えるかも知れませんけど」
 これは出雲さんの実感でありましょう。
「いや、そう云う問題じゃなくて根本的なところで、仕事として成立しているか、と云う疑問が当初から俺にはあるんだけどねえ」
 均目さんが首を傾げるのでありました。「そう思わないか、唐目君は?」
 急に自分に疑問を振られて頑治さんは少しどぎまぎするのでありました。
「車が有るか無いかに関わらず遠距離にある街に日帰りすると云うのが、先ずは非効率の元凶かな。全くの新規開拓の訪問販売的な仕事と云う点は、出雲さんにはきついかも知れないけど、ざらにある仕事と云えばざらにある仕事と云えなくもないかな」
 これは冷たい云い草と思われるかなと頑治さんは危惧するのでありました。「まあ、出雲さんにはあんまり向かない仕事のような気は、大いにしているけど」
「前に出雲君が出張営業で使っていた車は、一月中にさっさと、もう使う事も無いだろうからって売り払って仕舞ったから、今更どう仕様も無いけどね。」
 袁満さんが首を横にゆっくり振りながら云うのでありました。
「でもさっき、車が使えたなら、とか云いましたけど、均目さんが云うように、効率の問題以前に、基本的なところで俺が今やっている、と云うのか、やらされている仕事が、抑々仕事として成立しているかどうか、と云う疑問は実感として俺もありますよ」
 出雲さんの疑問と云うのか、この心情吐露はなかなかに重いと頑治さんは思うのでありました。そう云う嫌気が根っ子にあるのなら、それはもうこの仕事に意欲的には取り組めないでありましょう。出雲さんの資質としての向き不向きの問題も含めて。
「抑々、どうして出雲君は今迄の出張営業を外れる事になったのかしら?」
 新米組合員の甲斐計子女史が訊ねるのでありました。甲斐計子女史は組合が、或いは会社が抱える様々な懸案に対して、自ら積極的に発言をする事はこれ迄には殆ど無いのでありました。訊かれれば曖昧な当り障りのない意見をものすのが精々でありましたか。
「今迄の出張営業に、この先成長が見込めないからだろう」
 出雲さんの代わりに袁満さんが応えるのでありました。
「それはお正月に開いた全体会議の時に聞いた事だけど、でも、袁満君じゃなくて出雲君だった訳が、その時からあたしには良く判らなかったのよ」
「今迄の出張営業は俺の方が出雲君よりやっている年季もずっと長いし、あれこれ仕事の要領に少しくらいは、出雲君と比較して詳しいだろうと云う判断からじゃないの」
「まあ、それが妥当な解釈だけど、でも、出張営業の年季が長いから袁満君を残すと云う理由は、何となく腑に落ちない気がしたのよ。歳も上で色々営業経験もある袁満君の方を新しい営業に回しても、それはそれで理屈としては成立するんじゃないかしら」
「まあ、俺の判断じゃなくて、多分土師尾常務の考えだろうからねえ、それは」
(続)
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 355 [あなたのとりこ 12 創作]

「それに横瀬さんより来見尾さんの方には、自分も中小企業の社員なんだから、あれこれ具体的なアドバイスがあるかも知れないか」
 均目さんが云うのでありましたが、頑治さんはそれを聞いて、頑治さんの話しの進み方よりも、横瀬氏と来見尾氏ではどちらが相談に適しているかと云うくだりで、均目さんの思考が停滞していたような風情であるのに少々苛々を感じるのでありました。
「横瀬さんと来見尾さんではどちらのアドバイスが有効か、とか云う問題はここではもう後々の話として脇に置いて、組合が出雲さんの窮地に誠実に寄り添っていると云う態度を明確にすれば、出雲さんもそんな滅多なことはしないだろうし」
 頑治さんはもう一度、均目さんが停滞していたところよりも先に進んだ辺りの話を、謂いとして繰り返して見せるのでありました。
「出雲君の件は早急に場を作って皆に俺から提起して見るよ」
 その頑治さんの苛々を察して、心配しなくても自分はそんな盆暗な会話し相手ではないと云うところを見せるために、均目さんは素早い具体的な実行を約すのでありました。
「それじゃあ、頼むよ」
「判った。今日中に皆に伝達する」
 頑治さんとしては均目さんが、ここでの会話の遣り取り上の経緯から、すぐに行動を起こそうとしてくれた事に、棚から牡丹餅と云った好都合を得るのでありました。一般的に云い出した者が先ず行動すると云う原則があるとすれば、頑治さんが皆に集合を掛けて問題提起すると云う役目を負うのが順当なところであったでありましょうし。

 次の日の終業時間後に早速組合員は全員が神保町駅近くの、そろそろ馴染みになった居酒屋に参集するのでありました。組合の会議と云う形式を取るより食事会とか飲み会の体裁の方が、格式張らない話しが出来るだろうとの均目さんの配慮からでありました。
「今日集まって貰ったのは出雲君の事について話すためなんだけど、・・・」
 くだけた会合であるからビールが全員のコップに満たされた後、ここでは委員長の袁満さんではなく、この会合を提起した均目さんが先ず話しを切出すのでありました。出雲さんは前以って話題は自分の新しい仕事の件であると聞いてはいたものの、自分の名前が均目さんの口から出た時に眉尻をピクンと微動させて緊張を見せるのでありました。
「未だそんなに実働していないけど、実際やってみて感触はどうなの?」
 那間裕子女史がビールのコップを口元に近付けながら訊くのでありました。
「まあ、そうですねえ、何と云うのか、・・・」
 出雲さんは曖昧に応えて、その先を云い渋るのでありました。
「どのくらいの会社を回れるのかな、一日で?」
「そうですねえ、多い時で十社くらいかな。何処かで少しでもこちらの話を聞いて貰えるなら、そこで時間を取るから勿論それより少なくなりますけどね」
「まあ、午前遅くに向こう着いて夕方四時頃に会社に戻らなければならないとなると、そんなところになるだろうなあ、どうしても」
(続)
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 354 [あなたのとりこ 12 創作]

「出雲さんはのんびりした性格みたいに見えるけど、なかなか律義で細やかな心遣いの人だから、此の儘だと完全に参ってしまうんじゃないかな」
 頑治さんはそう云ってからワンタンを割り箸で摘み上げて、それがぬるりと箸の間から滑り落ちる前に急いで口に運ぶのでありました。
「完全に参る前に、出雲君は妙に諦めが早いところがあるから、これ以上この仕事は続けられないと思ったら、色々悩む前にあっさり会社を辞めて仕舞うかも知れない」
 均目さんは鶉の茹で卵を口の中に放り込むのでありました。
「組合でフォローした方が良いんじゃないの」
 確かにその恐れありと思ったから、頑治さんはそう提案してみるのでありました。
「これは労働組合と云うもので取り上げるべき事柄なのかなあ」
「そうは云うけど、結局は我々従業員の働かされ方に関わる問題だから、一種の労働条件の問題だと捉える事も出来るんじゃないのかな。それに出雲さんに直接業務上の命令を下す上司としての土師尾常務の了見とか見識の問題でもあって、それが従業員への精神的肉体的重圧になっているのなら、組合の出る余地は充分あると思うけどなあ」
 結局、労働組合で取り上げるべき問題なのかどうか迷っている内に、出雲さんの危機は取り返しがつかないくらいに増大して仕舞う危険がるとすれば、これはもう、抑々の辺りでウジウジと戸惑っている場合ではないと頑治さんは考えるのでありました。
「でも何となく労働組合的懸案として、これはしっくりこないように俺は感じるなあ」
 均目さんは及び腰をなかなか崩さないのでありました。
「そんな事云って結局動き出せないよりも、先ずは果敢に動かないと、せっかく創った労働組合の頼り甲斐に関わるんじゃないかな」
「まあ、それはそうかも知れないけど」
「均目君自ら、此の儘だと出雲さんは会社を辞めて仕舞うかも知れないとさっき云ったんだから、無関係だと徒に手をこまねいているのは、如何にも無責任だと思うよ」
 頑治さんにそう云われて均目さんはやや苦りながらも少し考える風の顔をするのでありました。当然その間、均目さんの麺を啜る手が暫し静止するのでありました。
「じゃあ、具体的にどうすれば良いと唐目君は思うの?」
「先ずは組合員全員が集まって、出雲さんから、まあ、想像するだけで惨憺たるものと窺えるけど、現状の仕事の様子と、それをする出雲さんの気持ちを聞く事が先決だろうね。それから組合としてどういう風な援助が出来そうか、全員で考えて見る」
 今度は喋り始めた頑治さんの手の動きが止まるのでありました。「勿論組合としての何かしらのアクションを起こす事を前提としてね。俺達で手に余れば、全総連の横瀬さんとか小規模単組連合の来見尾さんの意見も聞いてみるのも手だよね」
「でも横瀬さんは全総連の専従職員でどこかの会社に勤めている訳じゃないんだから、個々の会社の具体的な社内問題の解決策は持ち合わせていないんじゃないかな」
「そこはそうだとしても、それよりも先ず、出雲さんの問題を組合で共有すると云う態度を明示するだけでも、出雲さんは少しは救われたような気持ちになるんじゃないかな」
(続)
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 353 [あなたのとりこ 12 創作]

 こんな観念論的営業活動なんぞが上手くいく筈は無いのであります。依って出雲さんは益々塞ぎ込んで仕舞うのでありました。
「出雲さんは今の仕事に就いて間もないのに、もう疲弊したような顔をしているなあ」
 昼食を一緒にとお茶の水下交差点近くのラーメン屋に均目さんと赴いた折に、頑治さんが均目さんに、夫々注文を終えて水を一口飲んでから話し掛けるのでありました。
「ここ最近急に口数が減ったかな」
 均目さんも心配顔で応じるのでありました。
「動き出したばかりの新規の特注営業が上手くいかないんだろうなあ」
「あんな営業方法が上手くいく訳がないのは、初めから判り切っていたけど」
「ちょっと考えただけでも非効率極まりないからなあ」
「車を使えたらもう少し疲労は少ないかも知れないけど、でもまあ、経験も無い出雲君が地理不案内の土地に行って、飛び込み営業するなんて云うのがどだい無茶だし」
 均目さんも水を一口飲むのでありました。
「そうだよな。何処かの会社に飛び込んでも大体は受付で邪険に扱われるだろうし、若し話しを聞いてくれる所があったとしても、出雲君の様子ときたら如何にも新米の営業見習いみたいな風だろうから、先方も侮るだろうし丁寧には対応してはくれないだろうな。勿論、出雲君自身の事をあれこれ論おうと云う心算ではないよ。あんなふざけた営業方法を考え付いて遣らせている土師尾常務に、殆ど総て問題があるのは云う迄もない話しだ」
「例えば日比課長とかが、その土師尾常務の考えた営業形態に、もう少し細かく検討する必要があるとか云って、良識的なところから待ったを掛けるとか出来ないのかねえ」
「無茶だと内心思っても、日比課長は先ず、土師尾常務には逆らわないだろう」
「土師尾常務に異議を唱えるのが面倒臭いからかな?」
「間違いなく面倒臭いのもあるけど、日比課長は結局、自分の保身以外には無関心な人だからなあ。上辺は出雲君に友好的でも、心根の奥ではそれ程でもないさ」
「片久那制作部長が難色を示す、と云う事も無いか」
「無いだろうね。営業部は営業部だとドライに考えているから、こっちも先ず口出しはしないだろうなあ。土師尾常務に軽蔑の目線くらいは投げるとしても」
「分を守って、先ずは土師尾常務のお手並み拝見、と云う態度か」
「あの人のお手並みなんぞは疾うの昔に知れているだろうから、敢えて自分から営業部のゴタゴタには関わりたくないと云う了見だな、寧ろ。まあ、これが会社存亡の危機になるようなら乗り出してくるとは思うけど、今のところ傍観と云うスタンスだな」
 均目さんが丁度そう云い終る頃に盛んに丼から湯気を立てている、頑治さんの注文したワンタンメンと均目さんの五目ソバが運ばれて来て、夫々の前に、この店でもう随分長く働いている、髪を赤色に染めた若い女店員の手でぞんざいに置かれるのでありました。
「相変わらずがさつなヤツだなあ、あの赤色は」
 丼の縁からはかろうじて零れなかったけれど、中でゆらゆら大時化の海のように揺れている汁を見ながら、均目さんが眉間に縦皺を二本刻むのでありました。
(続)
nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 352 [あなたのとりこ 12 創作]

「あ、出雲さんとここでゆっくり会話をしている場合じゃなかったですね。それじゃあ後の発送作業はお願いします。先ず無いと思いますが、若し何か不明な点があったらインターフォンで呼んでください。それじゃあよろしくお願いします」
 頑治さんは片久那制作部長に事務所に上ってこいと呼ばれているのでありましたから、出雲さんとの言葉の遣り取りをここでこれ以上続けている訳にもいかず、片手を挙げて出雲さんに挨拶を送ってからそそくさと倉庫を後にするのでありました。

 この出雲さんの、何の用意も無く見切り発車のように始められた新規営業活動が、組合結成から色々続いていた様々な振動を激震に変える端緒となるのでありました。これ迄の事も充分に身に応える振動だと、頑治さん一人だけではなく従業員皆は感じていたのでありましたが、しかしそれは更なる激震の予兆に過ぎなかったようでありました。
 出雲さんが今迄出張営業で使っていた車は、もう今後は使用する事も無かろうからと疾うに廃車にしてあるのでありました。依って出雲さんは電車で、日比課長のふとした思い付きで口から出たと云う以外にその地を選んだ理由は無いのでありましたが、先ずは新宿駅から中央線沿いに大月市や甲府市、それからもう少し足を延ばして、日帰り出来る信州は諏訪市や少し足を延ばして松本市辺り迄出掛けてみる事になるのでありました。
 出雲さんは商品サンプルや名入れ見本を入れた、ブリーフケースと呼ぶにはかなり大きめの書類カバンを如何にも大儀そうに引っ提げて、朝出掛ける前に日比課長にその日予定している行程を申告してから、足取り重く会社の扉を押し開いて出掛けて行くのでありました。出掛ける前に日比課長にその日の行程を申告するのは、日比課長が一応、出雲さんの新規営業の面倒を見る事になっていたためと云う一端の事情からであります。
 しかしまあ、そればかりではなく例に依って土師尾常務は得意先直行が殆ど常習化していて、朝から会社に出て来ないので申告する事が実態として出来ないと云う事情もありましたか。それに出雲さんの新規営業には、抑々このような営業形態を自分で発案していながら、実際には何の関心も示そうとしないと云うぞんざいな態度でもありましたし。
 数日間やってみて、この新規営業に出雲さんは前の出張営業よりも一層うんざりしたようでありました。車を使えたならもう少しは楽だったかもしれませんが、長い距離を電車で移動して目的地に行って、地図を片手に行き交う人に道を訊ねながらバスや徒歩で地名に慣れない街を回り、また長い時間電車で帰ってくると云うのは、これはもう考えただけでも気持ちも体もしんどい仕事であろうと頑治さんは思うのでありました。
 第一こんな営業は全く以って非効率でありましょう。現地に行くにもかなりの時間が掛かるし、それにまた帰りの電車の事を考えると街中を営業周り出来る時は極めて限られるでありましょう。それに予めの目途もルートも無く、行き当たりばったりに飛び込み営業するのでありますから、現段階で商品知識も豊富とは云えず、この手の営業の手腕も未知数の、それに何より、然してこの仕事に意欲的に取り組む気も無い出雲さんが成果を殆ど上げられないのは、実に無理からぬ事であります。強いてこの営業に活路を求めるとすれば、飛切りの幸運が自分に巡って来る事を只管神頼みするしかないでありましょうか。
(続)
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

あなたのとりこ 351 [あなたのとりこ 12 創作]

「文庫本サイズの食事マナー集とか、表書きの実例集とか、慶弔金相場事典とか」
「ああ、この倉庫で見た事はありますよその商品は」
 出雲さんはそれが置いてあると思しき作業台の右横の棚の方に視線を向けるのでありマました。しかし残念ながらそれはそこには無く、作業台の真後ろの棚に収納してあるのでありました。それでも頑治さんは今敢えてそれは云わない儘にするのでありました。
「それから東京とか神奈川とか、或いはもっと広いエリアで南関東圏とかのグルメガイドと云う冊子なんかは知っていますか?」
「それは確か以前に、金箔の名入れをしたのを刃葉さんが引き取って来て、刃葉さんが忙しいと云うので俺が代わりに、浅草にあるギフト屋さんに納品した事があったかな」
「それならどんな体裁の商品かは知っている訳ですね?」
「まあ、ぼんやりとは」
 出雲さんは頼りない返事とたじろぎの笑いを見せるのでありました。
「ああ、最近良く出るのは、折り畳まれた厚紙に企業名を印刷して、そを六角柱に組み立ててペンスタンドにする廉価な商品がありますが、これは知っているでしょう?」
「いやあ、それは知らないっスねえ」
 出雲さんは狼狽を見せるのでありました。「土師尾常務からウチで扱っている商品カタログを渡されて、一応目を通してはいるんですけどねえ。・・・」
 贈答社で扱っているギフト用の特注商品はそんなに多種多様と云う訳ではなく、覚えようと思えば大した造作も要らず覚えられる筈であります。それにカタログにある商品を実見したければ、倉庫に置いてある物は何時でも見る事も出来たのであります。でありますから、地方特注営業の仕事に就けと命じられて以来、出雲さんは今日に至る迄、そう云う極めて初歩的な下調べなんぞも何もしていなかったと云う事になるでありましょう。
 これはたとえ新しい仕事が気に入らなかったとしても、或いは具体的な仕事内容がさっぱりイメージ出来なかったとしても、それでも自分がこれから扱う商品をちゃんと認知しておくと云うのは営業と云う仕事の、いろはのい、に属するものでありますから、今日に於いて迄そう云う知識を得よとしてこなかったと云うのは、明らかに出雲さんの迂闊と云うのかものぐさと云うものであります。いや寧ろ、土師尾常務の仕事サボりに劣らぬくらいの怠慢と云うものであります。まあ、彼の人程の性質の悪さは見られないとしても。
 頑治さんは出雲さんのこの怠慢に対して内心眉を顰めるのでありましたが、実際には努めて無表情の儘出雲さんを見ながら云うのでありました。
「飛び込みで営業を掛けるとしても、さて何を売りに来たのかと問われてこれが自分で良く判らないとすれば、こんな間抜けな笑い話しはないでしょうね」
「そりゃそうだ、確かに」
 出雲さんはあっけらかんと笑い声を上げるのでありました。
 いやここは気楽に哄笑する場面ではなく、頑治さんの言葉の棘を敏く察して、寧ろ恥じ入るべきところでありましょうか。まあ、出雲さんも袁満さんに負けず劣らず大らかな人なのでありましょうが、少しの食い足りなさがこの人にもあるのでありました。
(続)
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の15件 | -