SSブログ

あなたのとりこ 638 [あなたのとりこ 22 創作]

「社長と常務の悪辣さに対しては、俺と唐目君だけでは対抗出来ませんからね」
 袁満さんは挑むような笑いを社長に投げるのでありました。
「いや、全総連が絡んでくるのはいただけない」
 社長はここでもまあ、オロオロする気配を見せるのでありました。
「しかしもう、これだけ敵対的な雰囲気になってくると、我々だけでは持て余して仕舞いますよ、こういう争議の専門家の助けを借りないとね」
 袁満さんはこの全総連出馬と云う伝家の宝刀たる一言に、社長がまんまと反応したと思ってニンマリほくそ笑むのでありました。社長の狼狽する姿は今度は袁満さんの思う壺でありますか。まあ、そのたじろぎの本気度ぶりが如何程かは判らないのでありますが。案外肚を括って弁護士の手助けを頼りに正面作戦で争う心算なのかも知れません。
「そこを余人を交えずに、社内の人間で真摯に話し合おうと云うのが本義で、今日の会議もその趣旨でこうして集まった訳だし」
 社長は不本意ながら、でありましょうが袁満さんに愛想笑いを送るのでありました。
「あくまでも社内の全体会議に拘るのですね?」
「勿論そう云う気持ちだよ、私は」
「それなら自分の不条理極まりない考えに異を唱える人間に対して、すぐ怒鳴り出して話し合いを台無しにする常務に、この場から退席して貰うしかないですね」
 袁満さんは土師尾常務を睨みながら云うのでありました。この袁満さんの提案は土師尾常務にとって慎に心外であったようでありました。土師尾常務は袁満さんに負けまいと、一層の険しさを湛えた目で袁満さんを睨み返すのでありました。
「僕は話し合いを台無しになんかしてはいない!」
 土師尾常務はテーブルを一つ、そんなに激しい音は立てないながら拳で叩くのでありました。感情の赴く儘、と云うのではなく努めて控え目な叩き方であったのは、自分の感情を抑制している姿を態と演じる事に依って、出来ない我慢をギリギリ我慢してやっているのだ、と云う辺り袁満さんに見せようとする意図でありますか。
「ほら、そう云うところがダメなんですよ」
 袁満さんは対抗するためかこちらもテーブルを、土師尾常務の叩き方よりは少し大きな音が出るような技巧を凝らして、叩きながら云うのでありました。
「まあまあ二人共」
 社長は背凭れから身を乗り出して、掌を下に向けた前腕を上下に何度も振って、睨み合う袁満さんと土師尾常務を宥めに掛かるのでありました。

 社長はやや声の調子を荒げながら土師尾常務に云うのでありました。
「土師尾君も、気持ちは判るが、もう少し穏やかにやってくれないと、話しがちっとも前に進まないじゃないか。良い大人なんだから」
「判りました。気を付けます」
 土師尾常務は注意されて取り敢えず悄気て見せるのでありました。
(続)
nice!(13)  コメント(0) 

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。