SSブログ

あなたのとりこ 741 [あなたのとりこ 25 創作]

「ケニア旅行から帰ってきたら那間さんも片久那制作部長に渡りを付けて、そこで働かせて貰ったらば良いじゃないですか」
 頑治さんは均目さんの動向をまるで知らないと云う点を仄めかせるために、そんな事を云ってみるのでありました。均目さんが居たら、当然那間裕子女史は片久那制作部長の下には屹度行かないであろう事は、勿論承知の上でのお惚けであります。
「まあ、そんな手もあるけど、でもそうはいかない事情があるのよ」
「そうはいかない事情、と云うのは何ですか?」
 頑治さんはあくまでも惚け続けるのでありました。
「片久那さんの会社には既に均目君が就職していたのよ」
「へえ、均目さんが既に居るんですか」
 ここ迄惚けると、これはもう惚け芝居の免許が貰えるくらいでありますか。
「そう。均目君も抜け目がないところがあるから、片久那さんがそう云う会社を興したのを聞きつけて、早速就職運動をしたのね、屹度」
「或いは片久那制作部長にスカウトされた、と云うのもあるかも知れませんね」
「まあ、ない事はないけど、でも片久那さんは実は均目君をそんなに買ってはいないようだったら、片久那さんの方からアプローチしたと云うのは、ちょっとどうかしら」
「ああ、そうですかねえ」
「まあ兎に角、また均目君と一緒に仕事をするのはまっぴらだから、あたしは関わり合いを持つ気はないわ。気持ちの方も今はケニアの事で一杯だし」
 那間裕子女史は、それはちょっとげんなりだと云った口調で云うのでありました。「と云う事で、まあ、唐目君の御機嫌伺いと、あたしの近況御報告と、聞き知った片久那さんと均目君のその後でも耳に入れておこうと思って、こうして電話したって訳よ。唐目君にとってはもう、どうでも良い余計な事かも知れないけどさ」
「いやまあ、那間さんの事も、片久那制作部長や均目さんの事も気にはなっていたんで、余計な事なんてとんでもないですよ」
「ああそう、それなら良いけど」
 那間裕子女史は、それは電話をした自分への労わりで、別に頑治さんの本心ではなかろうと思っているのか、ぞんざいな云い振りでそう云うのでありました。
「袁満さんも就職活動の一環で、医療関連の専門学校へ暫く通うみたいですよ」
「ふうん、これから学校通いをするんだ」
 那間裕子女史は大して興味もなさそうに云うのでありました。
「職安の紹介らしいですよ。この前電話でそんな事を聞きました」
「皆あれこれと頑張っているのね」
 これも無関心そうな云い様でありました。この上に日比課長や土師尾常務の動向を報告したところで、那間裕子女史からは無愛想な反応しか返ってこないでありましょう。
「まあそう云う事で、ケニアに行ってくるわ。お土産買ってくるからね」
 那間裕子女史は語調を明るく変えるのでありました。
(続)
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。