SSブログ

あなたのとりこ 671 [あなたのとりこ 23 創作]

「まあしかし、向こうがそう云う意志なら致し方ないじゃないですか」
 均目さんがやや怒ったように云い棄てるのでありました。
「結局、向こうに負けたと云う事になるな」
「勝ち負けと云う観点は、少なくとも俺にはないですね」
「あたしもそうだわ。もし負けたと云われたとしても、会社のこの先の事を考えると、そうとも云えない気もしますしね。自分の事にしたって、変な勝ち負けとかに拘るよりも、将来の新しい道の事を考える方が余程生産的だと思うし」
 那間裕子女史もどこかつんけんした様子で云うのでありました。
「会社の非道に対してどこまでも抗戦する、と云う意志は全くないのかな?」
 横瀬氏はどことなく取り成すように語気を少し柔らかくするのでありました。
「そうですね。俺達にもこれからがありますし、そちらの方が大事ですから」
 均目さんも横瀬氏の語気の変化に応じるように少し大人し目に、言葉の棘先を丸くしながらも、しかしまたあくまでも断固とした云い草で云うのでありました。
「ここに居る四人全員がそう云う意志なのかな?」
 横瀬氏は頑治さんと袁満さんを見るのでありました。
「そうですね。自分もここいら辺で心機一転、と云う気持ちです」
 頑治さんが横瀬氏に視線を向けながら頷くのでありました。
「俺一人だけで、徹底抗戦を続ける訳にもきませんし。・・・」
 袁満さんは横瀬氏を見ないで小さく頷くのでありました。頑治さんと袁満さんの反応を観察して、横瀬氏は溜息を吐くのでありました。全総連麾下の労働組合員として、何とも不甲斐ない連中だと思いなしたのでありましょう。まあしかしこちらの考えもあるし、それは見解の相違と云う事で仕様のない事だろうと頑治さんは思うのでありました。
 袁満さんは項垂れているのでありましたが、均目さんはそんなそちらの勝手な思いなしなどなんとも思わないと云うような、ふてた顔をしているのでありました。那間裕子女史も変な期待なんかして貰っても困る、と云うようにふくれ面をするのでありました。
「君達がそう云う了見なら、まあ、仕方ないけど」
 横瀬氏はここで完全に頑治さん達を見限ったようであります。こんな労働者として意識の低い連中に何か手を差し伸べたとしても結局無意味だし、時間の無駄だし、寧ろ持て余すだけだと綺麗さっぱり匙を投げることにしたのでありましょう。まあ、それはそれでこの四人にとっては心外と云う訳でも無く、返って好都合と云うものでもありますが。
「色々面倒をおかけした事に報いられないのは、大変申し訳ないと思います」
 袁満さんが殊勝な事を云って頭を下げるのでありました。袁満さんだけに謝らせるのは気の毒だから、ここは他の三人も丁寧なお辞儀をして見せるのでありました。

 全総連に報告に赴くと云う大儀な仕事を終えて、四人は些か晴れ々々と全総連本部を後にするのでありました。気が軽くなった袁満さんが、この儘帰るのは何となく面白くないから、どこかで少し話しでもしていかないかと他の三人を誘うのでありました。
(続)
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。